TOPサイトマップ会社概要お問い合わせムラタ漢方オンラインショップ 

コンテンツ一覧
▼口コミコスメ

メルマガ登録しよう! コラーゲン不足度チェック 爪を見れば体調がわかる ムラタ漢方HP ムラタ漢方オンラインショップ 美容健康ドットコム

 
 
 TOP > きれいになる美容辞典 > 便秘・ダイエット
 
便秘と肌あれ・ダイエットの関係

ダイエットしたい!

でも、なかなか体重を減らすのは大変です。

体重を減らすコツは、簡単に言うと、食べたものをしっかり出す。


それがとってもシンプルで、苦しくないダイエットです。

便秘になると、お腹ぽっこり。

腸内で悪玉菌が増殖して腐敗発酵を起こし、ガスが発生します。頭痛や、肩こりも、自律神経の働きが乱れることにより、血行不良がおこるものと考えられています。

●イライラ・不安
便秘自体がストレスとなって、イライラやストレスで、過食にはしってしまうことも。

体に有害な食べ物の農薬、食品添加物といった発ガン性物質なども、有害だからこそ排出しようとしているのに、長時間にわたって毒素をお腹の中にとどめておくと、やせにくい体に。

●肌のトラブル
排出しようとした毒素が、また血流にのって全身へ。 きれいな血液がめぐる体の肌はきれいですが、便秘があるとニキビや肌荒れに悩むことも。

便秘の解消方法は?
1、
食物繊維を充分にとる。
2、
水分を充分にとる。
3、
適度に体を動かす。
4、
ストレスをためない。
 
ストレスがたまっている時は、水分のすくない小さな便がでます。
おへそのあたりに副交感神経を抑制するツボがあるので
冬場やクーラーの効いた夏などは、おへそにカイロを当ててあげるのも副交感神経の緊張をほぐすひとつの方法です。
5、
冷えをなくす
 
冷え性の人は、血管の収縮が悪く、体内をめぐる血液の循環が悪くなっています。

冷えると、腸の筋肉もゆるみ、便秘の原因になります。

38度くらいの胸の下までお湯に20分以上つかる半身浴や、冷たい飲み物ばかりとらないなど、冷え症解消も便秘改善。
6、
善玉菌を増やす。
 
ヨーグルトや乳酸菌飲料では、一日に1.5リットルはとらないと効果がないといわれています。

乳酸菌は、胃酸などで腸には届かないことがわかってきています。

自分のお腹の中の善玉菌を増やすことができる、乳酸菌生産エキスなら、自分に一番あった腸内環境が副作用もなくつくることができます。

もともと、自分のお腹にある善玉菌を応援してあげることが、もっとも腸内を改善したい方には大切です。
プライバシーポリシー
Copyright 2007(C) (株)ムラタ漢方 All Rights Reserved