TOPサイトマップ会社概要お問い合わせムラタ漢方オンラインショップ 

コンテンツ一覧
▼口コミコスメ

メルマガ登録しよう! コラーゲン不足度チェック 爪を見れば体調がわかる ムラタ漢方HP ムラタ漢方オンラインショップ 美容健康ドットコム

 
 
 TOP > 美容健康ちょっといい話 > 第1話
ムラタのおじさんの美容と健康、ちょっといい話!
はじめに  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話  第7話  第8話  第9話  第10話  第11話
 
第1話/カルシウムは体の中の司令塔だ!脳の働きが……。

 
 
カルシウムは99%が骨に 1%が血中に存在する。

細胞の中と外では核に1:10.000と決まっています

  血液中にもカルシウムが存在し、
この1%がたいへん、たいへん貴重かつ重要なんですねー

 血中のカルシウムは60兆個の細胞間の情報伝達、脳の司令を全身の細胞 に伝える情報伝達、心臓や全身の筋肉及び各組織の活動をコントロールして います。

 すなわち、血中及び細胞カルシウムが不足すると、コントロール機能が不能と なり、意識がなくなったり、心臓が止まったり、命が危険にさらされます。

(そう、カルシウム不足は死をまねくのです )

 このようなことが起きない様に、常に血中カルシウム濃度1%を保つシステム が働きます。 

 そのシステムとは血中カルシウム濃度が下がると副甲状腺に“血中カルシウム 不足”という命令が出され副甲状腺ホルモンが分泌されて、カルシウムの貯蔵庫 である骨からカルシウムを溶かし、血中に送りこみ、血中カルシウム濃度1%を 一定に保つものです。この命令を伝えるのもカルシウムの働きなのですネ。

 よって、カルシウムは体の中の司令塔と言えます。
 次は、カルシウムと記憶のメカニズムについてお話ししましょう。

 

ページTOPへ
プライバシーポリシー
Copyright 2007(C) (株)ムラタ漢方 All Rights Reserved