TOPサイトマップ会社概要お問い合わせムラタ漢方オンラインショップ 

コンテンツ一覧
▼口コミコスメ

メルマガ登録しよう! コラーゲン不足度チェック 爪を見れば体調がわかる ムラタ漢方HP ムラタ漢方オンラインショップ 美容健康ドットコム

 
 
 TOP > 美容健康ちょっといい話 > 第11話
ムラタのおじさんの美容と健康、ちょっといい話!
はじめに  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話  第7話  第8話  第9話  第10話  第11話
 
第11話/生梅・梅干にはない成分、梅エキスにだけ含まれる新成分『ムメフラール』が発見された

 
生梅・梅干にはない成分、梅エキスにだけ含まれる新成分『ムメフラール』が発見された。
農水省食品総合研究所の菊池祐二上席研究官が発見。
人間の毛細血管に擬して、半導体微細加工技術を用いて微細流路のマイクロチャンネルアレイを作成することに成功。対外で血流を測定できる新技術を開発し、科学技術庁長官賞を受賞した。この装置を使って血流改善効果のある食品を試す過程で梅エキスに着目し、健全な成人男子の静脈血に梅エキスの水溶液を添加した試験液の通過時間を測定し、梅エキスが血流に及ぼす効果について調査を行った結果、個人差はあるものの、梅エキス水溶液を添加した血液の通過時間は、生理食塩水を加えた対照液に比べて
11~52%時間が短縮し、血流改善がみられることがわかった。
成分を単利生成精製して構造解析を行ったところ、
生梅に含まれる糖質「5-ヒドロキシメチルフル
フラール」とクエン酸がエステル結合した化合物が
出現。 この化合物はこれまで発見されていない
新規物質で、菊池上席研究官は「ムメフラール」と命名、
分子構造式は農林水産技官の小野祐嗣博士が解明。

『ムメフラール』は生梅のなかには発見できず、梅エキスを製造する過程で生成したものと考えられる。

生梅を加熱して梅エキスを製造する過程で生梅の酵素活性が失われ、酸性条件下で進行する科学反応によって、この機能性成分“ムメフラール”が生成したといえると菊池上席研究官は解釈する。
動脈硬化」の人の血管には、壁にコレステロールや中性脂肪が付着し、放置しておけば狭心症や心筋梗塞、脳血栓などの深刻な病気につながる。
体内の組織の代謝や活動は、血流に依存している。ドロドロした血液は病気の原因となるので、これを改善できることは、食品のもつ「
生体調整機能」として注目される。梅エキスで血液サラサラ
有機酸などの有効成分が多く含まれ、疲労回復や健康維持に利用されてきた梅だが、この梅から生まれる梅エキスには以前から抗菌作用があることが知られていたが、今回の「ムメフラール」の発見でさらに血流改善効果も加わることになった。
梅エキスを毎日とることで、「胃腸障害」「疲れ」「肩こり」「冷え性」「むくみ」「脳や頭皮の活性化」など、体調不良の改善・解消に役立つという。
 
すばらしい梅エキス13大効用
1. 流れにくい血液をサラサラにする血流改善効果
2. 現代人の食生活にかかせない強力アルカリ性食品
3. 免疫細胞マクロファージを強化し病気になりにくい体
4. 日本人に不足しがちなカルシウムの吸収率アップ
5. 強力な発ガン物質の異変原性を抑えてガンを予防
6. エネルギー代謝をスムーズにして疲労を回復
7. 肝臓の解毒作用を助け脂肪の沈着を防いで肝臓を強化
8. 余分なカルシウムを解けやすくして結石を予防
9. 余分なナトリウムを排泄して血圧を安定
10. 強力な殺菌作用で病原性大腸菌O-157などの食中毒を予防
11. 身体を内側から健康にしてみずみずしい素肌を保つ美容効果
12. 胃腸のぜん動運動を活発にして消化吸収を高める
13. アレルギーを起こすヒスタミンを抑える抗アレルギー作用
梅花五福
「梅花五福を開く」梅花は冬の厳しい寒さの中で芽を出し、百花のさきがけとして美しい花を咲かせ、良い香りを漂わせます。まさに厳しい冬から春を呼ぶ花です。梅の花は花弁が五枚あることから、「梅花五福を開く」というわけです。
五福とは五つの福のことで、
1. 寿命が長いこと
2. 財力が豊かなこと
3. 無病なこと
4. 徳を好むこと
5. 天命を以って終わること
を云います。要するに、一輪の梅花でこの世界が一度に明るく、香しく、暖かく、幸せになると云うことです。
禅語としては、梅花が咲くというのは、ただ花が咲くと云うだけではありません。心の花が開く、即ち、悟りが開けることを意味します。長い長い修行の末、ある日忽然として悟りが開けると、目前に拡がる万物が光を放ち、仏の世界が現れるというわけです。
 

ページTOPへ
プライバシーポリシー
Copyright 2007(C) (株)ムラタ漢方 All Rights Reserved