TOPサイトマップ会社概要お問い合わせムラタ漢方オンラインショップ 

コンテンツ一覧
▼口コミコスメ

メルマガ登録しよう! コラーゲン不足度チェック 爪を見れば体調がわかる ムラタ漢方HP ムラタ漢方オンラインショップ 美容健康ドットコム

 
 
 TOP > 気になる健康辞典 > ビタミンB12
 
ビタミンB12の含まれる食品と効果・欠乏症
ビタミンB12の効能と欠乏症の症状
赤血球の生成を助け、貧血を予防。脳や神経の健康を助ける。抹消神経の障害を回復させ、腰痛を克服させるビタミンです。別名は、造血のビタミンといわれ、貧血の女性にはしっかりとりたいビタミンです。貧血には鉄分、というのは有名ですが、赤血球の生成を助ける働きがあるビタミンB12や葉酸などの造血のビタミンの不足が貧血の原因となっています。

また、ビタミンB12には、抹消神経の傷の回復にも効果があり、腰痛などの治療にも使われています。肩こり、手足がしびれる、などの症状で悩まされている人は、B12をしっかりとりたいですね。

B12には,脳や神経に関係しているので、不足していると、落ち着きがなくなり、集中力や記憶力が低下します。

ホモシステイン血症が進むと、動脈硬化や心筋梗塞の危険が高まるので注意が必要とされていますが、遺伝的なもの意外では、葉酸とビタミンB12の不足といわれています。
 
一日の摂取量(2.4μg)を食品でとると・・・
ほしのり1枚(約3g)、しじみ1~2個(約4g)、すじこ(大さじ1杯)、鳥レバーひと口大(約5g)、たらこ(約2センチほど)、赤身まぐろ9~10切れ(104g)
プライバシーポリシー
Copyright 2007(C) (株)ムラタ漢方 All Rights Reserved