TOPサイトマップ会社概要お問い合わせムラタ漢方オンラインショップ 

コンテンツ一覧
▼口コミコスメ

メルマガ登録しよう! コラーゲン不足度チェック 爪を見れば体調がわかる ムラタ漢方HP ムラタ漢方オンラインショップ 美容健康ドットコム

 
 
 TOP > 気になる健康辞典 > ビタミンB6
 
ビタミンB6の含まれる食品と効果・欠乏症
ビタミンB6は、皮膚の様々なトラブルを予防してくれ、神経や皮膚の働きを安定させる役目をしています。
また、タンパク質や脂質の代謝をスムーズにしてくれます。
 
ビタミンB6の効能と欠乏症の症状
ビタミンB6が不足すると、動脈硬化を招くともいわれています。
肉や魚などのタンパク質をたくさんとる人は、ビタミンB6の摂取も多くなければなりません。

妊娠中は通常の6倍のビタミンB6が必要ともいわれています。
妊娠したら、しっかりとりたいビタミンです。

ビタミンB6が不足すると脂漏性湿疹や口内炎などができやすくなります。
B6は、多めにとっても摂りすぎの害はほとんど心配ありません。

月経前の症状、だるさや頭痛などを改善します。
 
一日の摂取量(1.3g)を食品で摂ると・・・
にんにく大1個(約77g)、ぎんなんコップ1杯(80g)、鶏肉123g、まぐろ13~14切れ(153g)、さけ切り身約2切れ(203g)、たい2切れ(241g)
プライバシーポリシー
Copyright 2007(C) (株)ムラタ漢方 All Rights Reserved