カートをみる マイページへログイン 初めてのお客様へ・ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
おかげさまで今年でムラタ漢方は90周年です♪オンラインショップもリニューアル。今後もプレゼントや楽しい企画を予定しております。

爪を見れば体調がわかる



爪に縦スジが入る


爪にはいった縦のスジは、老化です。
顔のしわと同じように、老化現象のひとつです。

また、無理なダイエットなどで栄養状態がわるくなると、縦スジがはいることがあります。

幼児の縦スジは、爪が急速に成長しているためにおこるもので心配ありません。

爪に横スジが入る

過去に体調が悪かった時をあらわします。
爪は1ヶ月に約3〜4ミリほどのびます。

横スジのはいっている場所に注目してみましょう。根元から2〜3ミリくらいのところに横スジがあれば、1ヶ月ほど前に体が不調だったなどがわかります。

貧血や、過労、病気などの過去の健康状態がわかります。

爪が割れやすい

貧血気味の人は、爪が割れやすく、血液によって十分な栄養が供給されていないために爪が弱くなっているのです。

2枚爪になってしまう

いわゆる爪の乾燥肌。
爪に血液が十分に供給されないのが原因で、貧血気味の人に多いようです。

爪の半月部分がない

爪の根元にある、三日月状の白っぽい部分。

爪をつくる場所なのですが、半月部分が見えないのは、爪の勢いが低下しているためです。体力の低下などが考えられます。

バチ爪

心臓や呼吸器に疾患がある人に多い爪です。
指先が押しつぶされたように横に広がり、爪も幅広に。
爪が指をつつむように見えます。

肺がんなどに多く、早くかかりつけ医に相談してみましょう。

スプーン爪

爪が割れやすい、欠けやすいなどの症状がさらに進むと、爪がへこんでまるでスプーンのような爪に。

重度の貧血状態です。

また、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気や生理時の出血が多いときにもあらわれますので、一度病院で検査をうけることをおすすめします。



  *** 爪の色は、どんな色? ***

さくら色(うすいピンク)が健康の証といわれていますが、

血液がサラサラで栄養が十分にあれば爪は丈夫で
きれいなツルツルしたさくら色です。

爪の色は、爪に色がついているわけではなく
爪の下を流れる血液を反映しています。


黒っぽい爪・・・血液が汚れてドロドロしています

紫色の爪・・・血行障害や、心臓の障害などで血行不良が起きています。

白っぽい爪・・・貧血傾向にあります

赤っぽい爪・・・脳血栓や心筋梗塞を引き起こす危険性もあるので注意。
爪の赤みが強いのは多血症が疑われます。

  *** 爪のマッサージ ***

爪を綺麗にしたい時は、爪の根元部分を軽くマッサージ。

血行が促進されるので、質の良い爪ができます。

  *** 爪に良い食事 ***


爪は骨の一部と思われがちですが、実はケラチンというタンパク質です。
爪の健康には良質のタンパク質を食事で採るのが有効です。

爪は1日に約0.15ミリ、約1ヶ月で3〜4ミリずつ伸びます。

爪は健康のバロメーター。

マニキュアを落とした時など、じっくり観察してあげてくださいね♪

★★★丈夫でキレイな爪や、肌と髪にも大切なコラーゲン不足度チェックはこちら<<<